何だコレ!?ばっかじゃないの(`Д´)

みなさまご存じでしょうか?

「非実在青少年」

東京都の青少年育成条例改正案で今まさに可決されようとしています。

この問題?のまとめサイトによりますと

 東京都当局による新造語です。「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」を指します 。要するに年齢設定が18歳未満である少年/少女のキャラクターの事です。また、たとえ成人のキャラクターであっても、外見上が18歳未満であればこの定義に含まれる可能性があります。
 もし都当局が示した原案通りに都条例が改正された場合、今年の7月1日(施行日)から少年/少女のキャラクターの下着姿・裸体姿・性描写が含まれた作品のうち、都当局から「不健全」と裁定されたものは「不健全図書」として規制を受ける事になります。


対象になるジャンルは
漫画、アニメ、ゲーム、映画、小説、つまり全ジャンル。

しかも、成人指定のみならず一般作も含まれます。

『東京都』ということですが、日本の現状からいうと
東京都以外にもこの条例の影響をモロに受けてしまいます。
(出版社や流通の基盤はほぼ東京都にあるため。)

私たち腐女子にとっても重大な問題ですよね。
まとめサイトによると、BLというジャンルがいわゆる男女のエロと比べるとより迫害されそうなカンジ。
どれだけ日本という国が、マイノリティにとって住みにくいかの象徴では?

正直ファンタジーとしてBLというジャンルを楽しんでいますが
こういった盲目的な規制を行政が行ってしまうとなると
私たちの反論はただの屁理屈だと言われているようなもの。

あ、忘れていましたが対象ジャンルには「音声」も含まれる様子。
声のみのCDもアウトということです。
声優さんのお仕事の幅を激減させるでしょうね。

私自身はいわゆるショタはあまり好きではないのですが、納得いかない。

その上、だれが「コレはアウト」だと判定するのか?
確固たる基準ができてもいない状態で7月1日からやみくもに規制がかかる。

世の中先回りの規制が多すぎて、自分で感じ・考える機会が激減している気がします。
子どもたちを守るにしても、ここまでやらなきゃいけないんでしょうか?

審議開始は3月18日だそうなので、反対意見を訴えるのも早いに越したことはないです。
メール等は殺到しているようなので、手紙などのほうがインパクト大みたいです。

詳しくはコチラ↓をご覧ください。

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト


・・・・・・他にもっと話し合うコトあるんじゃね?!

と思うのは私の自分可愛さのためじゃないと信じたいです。。。
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2010-03-18 23:59 | つれづれ