『方言恋愛2』

ピン、ポン、パン、ポ~ン♪
「本日は大部分の方にはご理解いただけない言語(山口弁)にてお送りいたしま~すw」

『方言恋愛2』

a0112986_2315523.jpg



きーやんの山口弁がぶち面白いけぇwww
つか、地元ネタ使い過ぎやろ(爆)


↑この時点で受け入れられない方は回れ~右♪
おkな方は↓へどぞ^^




Special Thanks. namazzさま☆



旅行雑誌のカメラマンの主人公は、山口の新名物“黒豆かまぼこ”を食べたいと全国の物産展をめぐるが、持ち前の不運体質でいつも買えずじまい。
そこで出会った、かまぼこ職人の倉重(CV:谷山紀章)も、主人公に負けず劣らずの不運体質だった。
取材で倉重の地元山口を訪れた主人公だが、いまだ黒豆かまぼこは縁遠く・・・。


このシリーズ、主人公は女子やったんやね。
知らんかった。
基本的には女子出演のCDは好かんのやけど
コレは方言に特化しちょるから面白い。

前作の愛知県聴いた後、義妹が帰省してきて
「じゃん、だら、りん」とか言ったら、ウケちょったから結構忠実に作られちょるみたいねw

まずは、設定からワロタw
きーやん、かまぼこ屋さんなんじゃ~w
みなさ~ん、山口県のかまぼこはぶち美味しいけんね~^^
結婚式の引き出物には欠かせんけぇ。
(私も親に言われて付けたな、そういや。)

きーやんの地元は宇部やけぇ、倉重かまぼこも宇部にあることになっちょるね。
「小野」って出てきたのも、宇部の地名やけん。
ちゅうか、きーやんのご実家は某コンビニを営んじょるんよね。
一度行ったことあるけど、最近はどうなんかな?

それにしても、山口の観光名所って少ないよなぁ。(涙)
私は県庁所在地在住やけど、それほど目玉になる名所って・・・やもん。
やっぱ田舎なんよね。
(暮らしやすさでは、結構高得点取れると思うけどね。)
CDに出てきた『秋芳洞』はキレイやし、全国的にもなかなか有名やけど
『常盤公園』ってきーやんが宇部出身やなかったら出てこんかったと思うw
しかし、宇部市民のデートスポットなのも間違いないんやけどね^m^

そういや、このCDって脇役をオーディション形式で募集しとったよね。
音声だけとかで応募可だったはず。
最初の愛知聴いた時点で、同郷の声優さんが起用されるんかな?
とか思ったんやけど、それもオーディションやったんやろうか?
(愛知の時はたっつんが友達やった。)

↑を踏まえて予想してみたら、安元アニキは絶対やなと思っちょったんよ。
そしたら、遠近さんまで!
超豪華でビビったやんか!!!
3人の山口弁での掛け合いが、ぶち面白い(爆)
イントネーションもちゃんと山口弁なトコが、ネイティブクオリティw

「~ちょる」は基本。
(来年の山口国体のキャラ名は『ちょるる』w)
「~ほ」とかワロスwww(「~そ」のトコロもあるけぇね。)
山口弁でも地域によっては若干言い回しとか違うんよね。
結婚当初住んじょったとこでは、お年寄りが「おはようございました」って言いよったもんw
(朝から、何かが終了しちょるw)

けど、「ふるとっぴん」は知らんかった。(生粋の山口人の旦那も知らんらしい。)
「てれんこ、ぱれんこ」はお年寄りくらいしか使わんけど、意味はわかるw

日本に限らず方言ってあると思うんやけど
やっぱ失くしたくないものの一つやと思う。
温かみを感じられるしね。

自分の子どもらが方言喋っちょるのを聞くと
訳もなくあったかい気持ちになるっちゃね^^

愛国心の薄いといわれちょる日本人も
せっかくじゃけぇ、このCD聴いて
「温故知新」してみたらええと思うよ^^

途中から、山口弁講座になっちょったね。
すみません^^;
けど、このCD聴いて山口に興味持った方がいらっしゃったら
是非、おいでませ山口に♪


・・・あ、京都弁については京都の方が書かれたレビュー見たほうがええと思うよw
(丸投げしよるしw)


*ワタクシ生粋の山口県民じゃないので、方言に誤りがあったらすみませんm(_ _)m









8/13・14・15日に拍手いただいた方々。
お盆の時期にも関わらずありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2010-08-17 00:12 | CD