Men's オンリーシリーズ『美女と野獣~星の首飾り』

Men's オンリーシリーズ

『美女と野獣~星の首飾り』

a0112986_1954860.jpg


キャストは

谷山紀章(ベル)
諏訪部順一(野獣)
緑川光(ロベルト)
遊佐浩二(ベルの父親)
石川英郎(ジャンヌ)
檜山修之(フランソワーズ)
土屋純平(ミシェル/第一回モモグレオーディション合格者)
成田剣(魔女/ナレーション)


変なテンションの感想は↓へw






<魔女の森>の奥深くの古城。そこに野獣は住んでいた。
そばで仕えているのは、執事でフクロウのロベルト。
野獣はその醜い姿ゆえ、心を閉ざしている。
本当は人を求めているのに拒絶している。人を愛して傷つけられるのが怖いのだ。
母上様が残した「星の首飾り」は、
『これを愛する人にあげなさい。あなたのことを心から愛してくれる人にあげなさい』と・・・
野獣への最後の言葉だった・・・


Men'sオンリーシリーズも第7弾ということで
全作聴いてなくても「オトコだらけCD」に慣れてきたw

しかも、きーやんが意外と女らしかった^^
儚げだけどしっかりしたベル。
爪を隠したネコみたいに、グラロデのKISHOWとは別人な件w
なんか、BLでも受けてるイメージがあるんだよね~。
やっぱ役者だね。

あと、面白かったのがお姉さま方www
英郎さんとひーやんを女性キャラに設定したモモグレすげぇ!
まぁ、野太い声のお姉さま^m^
ベルとの差別化は成功してたけどね。
コレはコレで貴重なモノを聴かせていただいたわ♪

そんなことより私的このCDの真の主役は
やっぱりべ様でしょ~☆

数あるプリンセスのお話の中でもこの野獣は王子としてだけじゃなくて
男としてもポイント高いと常々思ってたんだよね。
だって、王子であるにも関わらず魔女に野獣に変えられて
辛い日々を送ってたんだもん。
幸せにのほほ~んと王子様やってたヤツらにはない
男の悲哀がにじみ出てるのよ!

野獣になってたって、アタシのべ様は素敵♪<オイ!
「Voice Colors Series」の時にも、こういうキャラ演ってたけど
それよりも渋めで、誰にも愛されない苦しみみたいなものが
言葉の端々にあらわれてて切なくなった><
「アタシがいるわよ、べ様~!じゃなくて、野獣~!」www

その分、王子様に戻った後のべ様じゃなくて野獣は
そりゃぁもうとろけるほどのイケメンボイス*:.。☆..。.(´∀`人)
惚れ直しちゃったよ。。。

あんな王子様どこかに落ちてませんか?!

特典CDもべ様がまわしてて、長いのなんのw
ロング英郎さんがちょい暴走かましてるのを止めるハード諏訪部(爆)
一瞬ロンハー?!な雰囲気が漂ったり^^

な~んて、偉そうに感想書いたりしたんだけど
実は、自分の力でGetしたわけじゃない^^;
ぼたんさんありがとうございましたm(_ _)m
でもねだってね、気付いたら特典CD付きの予約締切過ぎてたんだよ(泣)
思い立ったらすぐに予約しなくちゃダメだね。

この教訓がこの先に生かされるかは・・・私の場合微妙だな・・・
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2010-11-25 20:52 | CD