BLCD  「その声が僕を動かす」

人の未来の危機がわかる氷室右京は、ある日、大学の水泳部ホープ・尾崎が事故で再起不能になるかもしれないことを知る。とにかく尾崎の傍で、彼を守ろうと考えるが、あまりの不器用なやり方に全く尾崎に相手にされない。それでも必死に尾崎を守ろうとするうちに、一見意地悪で冷たく見える尾崎の分かりにくい優しさに触れ、彼に惹かれ始めるが…。

ひらりん×ちぃちゃん
BLでちぃちゃんの声聴いたの初めてくらいかも・・・。
透明感があるから好きなんだけどね~。
対するひらりんは某鬼畜な方くらいの低音なんだけど、無骨な優しさが感じられたなぁ。

以下、ネタバレ^m^

a0112986_2194671.jpg




ちぃちゃん演じる氷室右京は、小さい頃に水の事故で双子の兄左京を亡くしてしまう。
溺れた自分を助けたことによって左京が死んでしまったことにかなり負い目を感じてる様子。
繊細な役柄です。
ちぃちゃんの声の透明感にピッタリ!

その左京が右京の身近な人の不幸を予知して、右京にその人を救う手助けをするよう促します。
いきなり知らない人から
「一緒に帰っていいか?」
とか言われたらびっくりするよね~。

尾崎@ひらりんも最初はメチャメチャ冷たい^^;
尾崎を近くで守るために水泳部に入っちゃう右京。
トラウマで水に入れないのにね。
最初は好きとかじゃないのに、そこまでするってどんだけ純粋なんだ右京!
うちにヨメに来いっw

いろいろあって(←ネタバレと言いつつごまかしてサーセンorz)尾崎も左京の存在を信じるというか、右京の行動を受け入れていくんですわ。
その辺が、じっくり描かれてあって無理がない。
結局エチシーンになるんだけど、ちゃんと収まるところに収まってるカンジ。
とっても温かい気持ちになれたw

しかーし!!
ラブラブになってENDじゃないんですよ。
すでに続編のリリースが決まっておりまする♪

『その声が僕を焦がす』2009.4・25リリース

ああ、またアタシに予約しろと?
ええ、しますともよ

特典フリトCDはひらりん・ちぃちゃん・鳥ちゃん。
「苦手なもの」についてトークしてました。
ちぃちゃんは“歯医者さん”が苦手なご様子。
私が働いてる歯科へ是非いらして欲しいものです~。
う~んと優しくしてあげられるのにw
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2009-03-21 21:11 | BLCD