BLCD 『ハピネス』

Atis collectionから2009年8月14日発売になった
『ハピネス』

a0112986_17532164.jpg


突然ですが。
このCDでは、ひらりん

「裕太」

を連発!!!

分かる人にしか分からないと思うけど、アタシ的には
ありえないほどツボwww

『裕太』って、攻めのわちゃの役名なんでツボるアタシがちょっと
オカシイんだけど^^;

ストーリーはめちゃめちゃ純愛ですよ♪

それでは、moreへどぞ^^



流水純司が二十二歳のとき、友人の忘れ形見・日置裕太を
引き取ってから七年が過ぎ、裕太も高校三年生に。
流水が若くして課長になれたのも、裕太を育てるため頑張って働いた結果だ。
健やかに成長した裕太は流水唯一の自慢。しかし、次第に流水と距離を
置きはじめた裕太が、家を出ようとしていると知り、流水は……!?


しょっぱなから、裕太(10歳)の声に驚いた!
ドコがって、結構子ども時代の声は女性が演じたりすることが多いのに
下和田裕貴さんがやってたこと!!!

10歳なんだけどショタっぽくなくて、自分の意思をちゃんと持ってる。
だけど、流水(ナガミと読みます)の優しさにちゃんと子どもらしく答える。
めちゃめちゃいいシーンだった。
きっとあの時から、裕太は流水に惚れてたんだろうなぁ。

最初は義父として裕太に接してた流水@ひらりん。
ストイックな感じだったんだけど、だんだんヘタレっていうか
デレっていうか甘々になっていって、可愛いのw

裕太は17歳の高校生のクセに包容力が滲み出すぎwww
さすがわちゃ!
アタシもH×3に加入させていただきますよ~♪
mokaちゃん、あぱっしゅさんよろしこ^^
(他にもメンバーいらっしゃいましたよね?みなさまにもよろしくお伝えくださいw)


話が逸れたけど、一回りも年上の男相手に怖がらせたらかわいそうだから
とか、がっつくのを我慢する高校生w
ありえない包容力を発揮してくれたよ、裕太@わちゃ。
ナイスキャスティングだ、Atisさん!

脇もいいキャラ&役者さんで、ストーリーに厚みがあったなぁ。

流水の同僚原野@坪井さん
裕太に相談ついでに流水Loveを告白されたのに、たいして動じないwww
それどころか、ことあるごとに二人の心配w
オカンかっつーの(爆)

オカンがいれば、アネゴも出てきたw
裕太が流水に手を出しそうな自分を恐れて家出した先の
飼い主というか大家さんというか。
裕太のバイト先の先輩、葛西朱美。
流水への欲望のはけ口も兼ねてたんだけど、葛西ねえさんも割り切ってて
結局流水の元へ裕太を帰すの。
イク時「流水さん・・・」って無意識で言うような裕太をよくぞ飼ってたよっ。
アネゴ以外の何者でもない!!!

この二人がいなかったら、流水と裕太はくっついてなかったぞ!

最後には、裕太がこだわってた日置の名前から流水へ。
嫁は当然流水だけどね^m^

特典CDでは子どもの頃の思い出ってテーマで
何故か、ドブ川談義にwww
ひらりんは実家の前のドブ川に数え切れないほど落ちた子ども時代だったそうです。
意外とドンくさい!?
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2009-09-07 18:00 | BLCD