『クリムゾンスペル4』

『クリムゾンスペル4』

a0112986_15424261.jpg


やまねあやの 著

やっぱり美麗だなぁ。
当然限定版をゲットしましたよ^^

ネタばれ感想は↓へ♪



戦いの末、なんとか謎の魔道士の策略から逃れたバルドたち一行。 逃げ込んだ廃城に幽閉されていた、帝都ゼネドゥーラの元執政官・ リムリスと出会い、魔剣の秘密は帝都ゼネドゥーラにあると教えられ!? 少しずつ明らかに魔剣の謎、バルドはその強大な力を操れるのか──大人気vセクシャルファンタジー、待望の最新刊!!

バルドがどんどん可愛くなってきた~^^
3巻で初めて自覚してハヴィに抱かれて
今回は恥じらってるw
純真というか正直というか
自分の感情に従って行動してるっていえば聞こえもいいけど
要するに本能のままに突っ走ってるってこと。
だから、内なる魔物とも仲良く共存?できるのか?

前半はリムリスを介してストーリーが進んできてたけど
やっぱラブラブシーンが入ると、進行は一時停滞w
いや、ソレも重要だから全然おkですがね^m^
しかも、今回は女装(ドレス)っすよ!
魔獣バルドが着てるほうが萌えましたw
そして、謎の!!!
どう見ても天使みたいな羽だったよな~。
単なる魔獣じゃないの?

バルドは思ったまんまを口にするからいかんのだよね。
ああ、わかってるさ!
うまい具合に策を練って自分の思い通りにする方が摩擦も少なかろう!
しかし、持って生まれた気質はなかなか変わりませんよ。

・・・発言に力が入り過ぎなのは、自分を見るようだからとか言わないんだからねっ!
はぁ、変化球が投げられる人がうらやましい。。。

おっと、話がそれた。
リムリスって敵なのか味方なのか?!
ラスボスの存在を知ってるみたいだけど
やたら強そうなご老人(違っ)みたいじゃない?
齢数百年とかって悪の塊的な存在に違いない。
いや、呪いなのにあんな羽を隠してるとかただ悪いだけじゃないかも。
意外とキレイだったらどうしよう。(好物w)

あとがきにも「ラストに向けて」という言葉があったから
そろそろ佳境に入ってくるんでしょうねぇ。

そして、そして。
限定版のふろく小冊子♪
いやぁ、ページ数のほとんどがラブですよw
魔獣バルドと王子バルドが入れ換わったっていうか
下剋上で体を乗っ取られたというか。
王子が淫乱にハヴィに迫るとか普段なら考えられない展開w
でも、魔獣姿のバルド(中身は王子)が恥じらってるのが可愛い!
結局3Pに突入~ってトコは割愛してあったけど。(残念)

いつものように、脳内CVはいつもの方々に担当していただきました。(爆)
特にバルドの
「主導権は この俺にあるッ・・・
忘れるな・・・っ」

ってイクところは次のCDで期待してますよ、近ちゃん^^












11/25・26に拍手いただいた方々、ありがとうございました♪

とみさんへ
いつも米ありがとうございます^^
そうなんですよ、あのシリーズは「名作」なんです。
「美女と野獣」も甘~いシーンはないのでまぁ許容範囲・・・
いや、あのお姉さま方が出てきた時点で
男子は大爆笑間違いなしかと^^;
無事ゲットされることをお祈りしております♪
[PR]
コメントも送れます→

by t-m-pooh | 2010-11-27 16:24 | コミック